大雨の秋田、大曲花火大会の当日の天気は…?

Japanese spot

大雨の影響で秋田は大変なことになっていますね。

大雨により知人は車を買い替えなければならなくなったそう…。写真を見せてもらったところ道が川のようになっており、車は窓のすぐ下辺りまで水に浸かっているという状態。これ以上被害が出ないと良いのですが。

夏のイベントは突然の豪雨や台風などの影響で台無しになることが多々ある。今日から始まっているフジロックとかさ、ほんと雨に当たること多いですからね。雨でも楽しめるけど、場合によってはかなりハード。今回のフジロックはどうでしょうか。

夏のイベントで雨の影響を受けやすいものといえば、花火大会。わたしは花火大会には積極的に行くタイプではありませんが、今年も大曲の花火大会には行きます。もう行きの足も帰りの足も確保しましたし、行く気満々。

が、気になるのは天気。花火は天気の影響を非常に受けやすい。花火大会によって開催する基準はかなり異なります。雨天中止、雨天決行だか大雨の場合は中止など。

大曲はどうかというと、雨天決行です。そして、よっぽどの天候不良でない限り中止にはならない。つまり大雨くらいじゃ中止にならないとうこと。地元の方に聞いたところ、とんでもない嵐が来ない限りは中止にならないんじゃないかなぁ…と。子供の頃から中止になったことなんてないだそう。

確かに。大曲の花火大会は一大イベントですからね。その日に合わせて全国から大勢の人が集まる、その為に毎年休みを取っている人もいるくらいですから。お金も大きく動く、だから簡単に延期なんてできるわけがない。

雨天決行は遠くから行く人にとっては嬉しいことではある。遠路はるばる来て、延期なんてことになったら意気消沈ですものね。けれど、雨の中の花火はなかなか大変、気合いが無いと難しい。

大曲の花火大会が行われるのは8月の後半、台風の季節。天気がどうなるかは直前まで分からないのだ。ここは運を天に任せるしかない。

去年は直前に台風の影響で、花火大会会場の簡易トイレが全て流されました。桟敷席も全て水浸し…。花火大会数日前から天気予報をチェックしていましたが、花火大会当日の天気はずっと雨。行く前日も雨予報は変わらず。え、こんな状態で花火大丈夫なんすか??

そう思いつつ迎えた花火当日はなんと晴れ!会場もかなり乾いて雨によるぬかるみもほとんどなし!桟敷席もトイレも奇麗な状態でした。本当に良かった。きっと大会会場の整備はたくさんの方が頑張ってくれたのでしょうね。

でもね、天気ばかりはどうしようもない。ちなみに一昨年の花火大会は花火大会中に雨がけっこう降りました。花火自体は影響を受けないけれど、見ているこっちはけっこう大変。

カッパなどを用意していてもね、桟敷席は地面に座っているような状態だから水が溜まるのよ。座っているところは当然水浸し、着物はびしょ濡れでした〜。

今年の大曲の花火大会の天気はどうなるのかな…?それは神のみぞ知るですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました