Omiyage

着物好き必見!八丈島の可愛いお土産

「八丈島」と言えば何でしょう。着物好きなら当然「黄八丈」ではないでしょうか。

そんな黄八丈をかたどった「黄八丈サブレ」を知り合いの方に頂きました。黄八丈サブレの存在は知っていたのですが、まさか実物を頂けるなんて思っていなかったので感動。

ちゃんと着物のかたちだし、柄まで入ってるんです。食べるのがもったいないくらい可愛い。

そして味もちゃんと美味しいのです。袋をあけるとバターの香りがふわーんと広がって、サクサク食感。オーセンティックなバターサブレといった感じ。

いつか八丈島へ行って本場の黄八丈を見てみたいものです。その時はもちろん黄八丈サブレをお土産に。

調べてみたら通販もやっているようですね

「黄八丈サブレ」は親しまれて25年!本格サブレです。八丈島で作られる素朴な黄八丈サブレぜひお試しください。 着物の姿も愛らしい「黄八丈サブレ」家庭で職場で好評です。

八丈民芸やました-商品一覧-黄八丈サブレ

八丈島の民芸品のお店なので、黄八丈の反物や帯、小物なども販売されていますね。いつか本物の黄八丈で着物を仕立ててみたい…!

ちなみに黄八丈サブレの存在を知ったのは遥か昔、KIMONO姫の「ナツ・アサ・タビ編」を読んで。可愛いン夏着物のコーディネートや素敵なスポットが紹介されたこの本、何度も何度も何度も読み返しています。

もう10年以上前に出版されたものだけど、古くない。見ていて楽しくなる大好きな本のひとつなんですよね。きもの姫的コーディネートは嫌い!という人もいるようだけど、わたしは着物を楽しむひとつのカタチとして好き。ナツ・アサ・タビ編をまだ読んだことがないという方はぜひ♪

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

recommend

Achieve

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Sponsored Links

Sponsored Links

  1. Japanese spot

    東京湾の夜景を満喫!高速ジェット船で行く三宅島と御蔵島
  2. Personal

    落とし物をした…しかし日本では戻ってくる確率が高い!!
  3. Japanese spot

    着物で行きたい!江戸東京たてもの園
  4. Japanese spot

    浅草ほおずき市【7月10日】は四万六千日!!
  5. Japanese spot

    大曲花火大会2017年!大会提供と絶対に見て欲しい創造花火5選!
PAGE TOP