浴衣っていつから着ていいの?正しい時期と粋に着こなすコツ!

Kimono

気温が上がり、日差しが強くなってくると着たくなる浴衣。でも浴衣っていつから着ていいんだろう…。そんな疑問を持ったことはありませんか?

せっかく浴衣を着るのなら周りの目を気にせず、堂々と着たいものですよね。

浴衣を着るベストシーズンは?いつからいつまでなら着ていいの??

結論から申し上げますと浴衣は盛夏の7・8月に着るのがベストです。とはいえ、7月と8月以外は絶対に着てはいけませんというものではありません。ではいつからいつまでなら着ても良いのでしょうか?

そもそも浴衣は暑い時期やお祭りの時に着るものだというのはみなさんご存知ですよね。暑くなってくると幾重にも布を重ねる着物よりも、浴衣の方が軽いし涼しいですし、普段着物で過ごしていても夏は断然浴衣だという方もいらっしゃるでしょう。

夏着物の季節は7・8月。ただ気候によっては5・6月から夏着物を着ている方も多いですね。わたしも暑い日は夏着物や浴衣を着物風に着ることがあります。

浴衣も同じ。5・6月に着てはいけないというルールはありません。つまり気候に合わせて着るのであれば、5月頃から着ていても大丈夫ということ。でもここで注意したいのがあくまで「気候に合わせて」ということ。

たとえば6月でも肌寒い日はあります。そんな時に素足で涼しげな浴衣で登場したらどうでしょうか?確実に浮いてしまいますよね。大切なのは季節や気候に合わせたものを身につけることです。もし早い時期に浴衣を着るのであれば、気候に合わせて周りから浮いてしまわないように気を付けて。

そして盛夏が過ぎた9月にも浴衣を着たくなるようなお祭りがたくさんありますし、まだまだ残暑が厳しいですよね。ただ9月は暦の上では秋、盛夏に着るものである浴衣はちょっと季節に合いません。9月に浴衣を着るなら最大でも秋分の日を目安にしましょう。でないと、いつまでも夏気分が抜けないちょっと浮かれた人という風に見られてしまう可能性が。

わたしの個人的な感覚では、5月には浴衣はまだ早いかな。6月は長襦袢を合わせて着物として楽しんで、浴衣として楽しむのは盛夏のみ。9月にはまた着物として楽しむといった感じ。これは個人の自由なのであくまで参考までに。

ざっくりとまとめると浴衣のベストシーズンは盛夏の7・8月。5~6月、9月上旬は気候によっては着てもOK、ただし気候に合わせて周りから浮かないようなコーディネートを心がけること。

初夏は粋?夏が終わったあと、9月の浴衣は野暮…?

盛夏が終わった9月に浴衣を着る場合は最大でも秋分の日までにしましょうというのは先ほどお話しました通り。

江戸時代では季節の先取りは「粋」とされていましたが、いつまでも前の季節のものを引きずっているのは「野暮」とされたとか。たとえば8月の終わりに月モチーフの帯を身につけるのは粋だけれど、お月見の季節が過ぎても月もチーフの帯を身につけているのは野暮。昔の人は今よりも季節ごとのオシャレを楽しんでいたということですね。

とはいえ、今は8月が終わって9月になってもまだまだ気温が高く日差しも厳しい。お祭りや花火大会などの浴衣が着たくなるようなイベントもたくさんあります。

しかし浴衣を着るのは最大で秋分の日までというのが一般的な感覚。暦の上では秋分の日が来たら秋になるわけですからね。秋分の日が過ぎたらいつまでも夏休み気分で浮かれているわけにはいかないのです。

季節感を意識してコーディネートを楽しむというのなら、秋分の日が過ぎたら秋らしい装いを。たとえちょっと気温が高かったとしても、浴衣ではなく秋らしい着物の装いをしていたほうが見た目にも涼しいですし「粋」に見られますよ。

浴衣を粋に着こなすコツは「季節感」

浴衣を着る時に一番注意すべきことは「季節感」です。日本は四季がハッキリしている国。最近は春と秋がちょっと短い気もしますが、季節によって移り変わる草木や行事など日常生活の中で季節を感じることも多いですよね。

着物には季節によってルールが存在します。古くから暗黙の了解的なルールはあったようですが、現在使用されているのはわりと近年に定められたルール。ざっくり書くと10月から5月は「袷」6月は「単」7・8月は「夏もの」9月は「単」の着物を着ましょうというもの。

最近の気候は5月なのに真夏のような日もありますし、厳密に守らなければならないというわけではありません。ただ「季節感を大切にしつつ着物を楽しみましょう」といった感じ。四季を大切にしてきた日本人ならではの感覚とでも言いましょうか。

季節感を意識せず着物を着てはいけませんということではありません。しかし季節感を意識したほうがより着物を楽しめることは間違いありません。

着物にはさまざまな柄や文様がありますが、季節の草木や花、行事などの季節を限定するようなものも多いのです。

たとえば6月。6月は梅雨なので雨やパラソル、草木だと紫陽花や露草など、そんな柄のお着物や帯を季節に合わせて着こなしている方を見かけたら素敵だと思いませんか?ほんのちょっとしたことですがそれだけで季節感は出ますし、周りからはオシャレさんにも見えるのです。

自分の好きな時に好きなものを着ることが悪いことではありません。ファッションは自分自身が楽しむもののひとつですしね。しかし、コーディネート次第では自分だけではなく周りの人の目を楽しませることだってできてしまうということ。

それならいっそ周りの人たちのことも楽しませたいと思いませんか?これから浴衣を着る時にはちょっとだけ「季節感」を意識してみてくださいね。今までよりも浴衣を着ることが楽しくなるはずですよ。

浴衣の柄には盛夏を意識した柄のものが非常に多くあります。たとえば「金魚」「花火」「朝顔」など。これらの柄を早い時期や9月に着るのはちょっと季節感がないので、もし着るのなら盛夏の時期だけに限定した方が良いでしょう。

浴衣を着る時はTPOに気を付けて!

浴衣ってもともとは何だかご存知ですか?もともとは貴族が湯浴みの時に着ていたものなんです。つまり下着のようなもの。

盛夏の7・8月は浴衣の季節だからどこへ着て行ってもOKというわけではありません。もし浴衣を着て結婚式に出席しようものなら確実に浮いてしまうでしょう。浴衣に限った話ではありませんが、浴衣を着る時にもTPOは大切に。浴衣はあくまで普段着なのでフォーマルな場には向かないので注意。

夏祭りや友達と一緒に飲みに行く、浴衣のイベントなどは浴衣を着て同等と参加して問題ありません。ただしちょっと良いレストランやホテルのパーティーに参加する時などはTPOをしっかりと確かめてから。浴衣で行ったら完全に浮いてしまったり、恥をかいてしまう可能性もあるので事前に調べることをおすすめします。

浴衣でもものによっては着物風に着れば、ドレスアップできるものもあります。ある程度お値段が張る高級なものだったり、上質な素材のものであれば大丈夫。逆に安物のピラッとした浴衣は着物風に着るのには向いていません。頑張って着物のように着たとしても、ちょっと浮いてしまうのはなんとなく想像がつきますよね?

上質な絹や麻のもの、上質な絞りの浴衣、ポリエステルでも素材感のしっかりしているものなどなら問題ないでしょう。安くて可愛い柄の多いコール天やポリエステルの浴衣などは「浴衣」としてだけ楽しむことをおすすめします。

ちなみに私は早い時期に浴衣を着る場合、着物風にして着ています。単の着物だと暑いけど、浴衣を一枚で着るのはちょっと早いかなぁ…という気候の時はこれがちょうどいい。わたしが時々遊びに行く着物ショップの店員さんも「暑いから5月頃から浴衣を着ちゃってますよ~」とのこと。

ただ、この浴衣を着物風に着るというのは初心者さんにはちょっとハードルが高いかもしれません。とりあえず普通に浴衣を着たいというのであれば、確実に浴衣を着ても浮かない季節と場所を選んで着たほうが失敗がないでしょう。

まとめ

 

着物や浴衣ってルールがいろいろあって面倒くさい…なんて思ってしまった方もいらっしゃるかもしれませんね。でも100%コレをやってはいけない!なんてルールはどこにもありません。

洋服もそうですよね。昔は今よりもあれこれとルールがあったでしょう。でも現代ではどうでしょうか。季節やルールなどにとらわれずにファッションを楽しむ方も多いでしょう。

洋服でもなんとなく季節感を意識してコーディネートしましょう的な流れはあると思います。たとえば、夏にウールのものは暑苦しく見える、冬に素足にショートパンツは寒々しいなど。

あまりにも季節からかけ離れた格好をしている人を見ると「うーん…」と眉根を寄せたくなりますよね。季節感のあるコーディネートは自分自身だけでなく周りから見ても心地良いもの。着物もそれは同じ。それくらいの感覚だと思って着れば良いのです。

周りから変な視線を集めようがなんだろうが、真冬に浴衣がどうしても着たかったら着てもいいと思いますよ。わたしが真冬に浴衣を着るとしたら温泉地くらいでしょうが。

季節感を意識して浴衣を楽しみたいというのなら早くて5・6月の真夏のように暑い日から9月の秋分の日までを目安に楽しみましょう。季節に合った着こなしをしていると「お!この人ちゃんと季節を意識しているなぁ」なんて思ってもらえるかも。季節感はもちろん、TPOも忘れずに。

着物や浴衣のルールはあくまで季節をより楽しむためのもの。難しいルールで着物を着るハードルをあげるためのものではありませんからね。

これから浴衣を着る時は今までよりもちょっとだけ季節を意識してみてくださいね。きっと今まで以上に浴衣を楽しめるはずですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました